TOP
経営理念
自分らしさからの行動
個性学
社会貢献
会社案内
  BEDO経営理念
問い合わせ
   
   

≪ 理 念 ≫
BE DOはあなたの
 生まれて来た「喜び」 生きている事の「楽しさ」
  の気づきの提供をし、成長・成功を通して社会に貢献します。

全てのものに「存在する理由」があるように、私たち個人にも、生まれてきた「存在理由」があります。会社、企業にもあります。
それは「経営理念」のこと
そして、そこを生き「幸せを感じる」こと
個人・組織の「存在理由」とは何か
「幸せを感じる」とは何か
そこに気づき
そのために「どう在る(活きる)か」を明確にし、そのためにどう行動(仕組み)するかを具体化します。

「存在理由」
机には机の存在理由があります。
何のために机として存在しているか
その存在(本質)を生かし活用(感謝を持って)した時に、机と私たちのWIN−WINの関係が創作されます。
何のために組織(家庭・会社)が存在しているかということです。
ひとりひとりの個人にとっては、その人生の「生きる目的」のこと
つまり「あなたの人生を支える根本的な取る立場」のこと。

あなたが何のために生まれてきたかということ、会社、家族、友人たち、そして、
"この世界(地球)に、どのような貢献(感謝)をするために、生まれてきたのかということです。"

 『人間は何らかの目的をもって生まれてきた。私が歌う目的は勇気づけだ。私は歌うことによって世界中の人を勇気づけたい!』
盲目の歌手 スティービー ワンダーは、彼自身の「存在理由」をこう述べたといいます。
個性という「役割」に気づき、活かし尊重した時、「存在理由」が明確になります。
 素晴らしい個性に気づき認めることが、「幸せを感じる」に繋がります。

「人生の意味」

人生に意味はありません。
意味をつけるのは生きている私たちです。
「存在理由」という意味づけを。


≪ ビードゥー指針 ≫

在り方:「自分が源泉」自分が全ての源というところから、人間力を発揮する。
行動心理学:無意識の「行動のパターン」を気づき、意識を持った行動を取る。
個性:お互いの個性を尊重し、「調和・発展」からwin-winを創造する。


≪ ビードゥー定義 ≫

【在り方】
「自分自身のあるべき(活きる)姿」。「どう在るか」を「今ここ」からの立場を生きる。
 「行くところが来るところ」であり、「来るところが行くところ」
分かりやすく言うと、 「イメージトレーニング」のことです。
スポーツなどで最近取り入られています、「どうなりたいかの結果」のことを先にイメージすること。
そこからスタートするためにもより具体的に明確にする必要があります。
自分自身としては納得できる、できないによらず、イメージしたもののみ手に入れています。
それが原理原則です。全ての結果に原因があることと同じです。

【自分が源泉】
状況・環境・条件等を充分考慮した上で、自分が決め、責任を取る。        
全ての結果の原因を作っているのが自分自身であるという考え方。

【行動のパターン】
過去の体験・経験からの身につけた自動的(無意識・反応)な習慣。

【個性】
個々の特徴(価値観)。「いいー悪い」、「優劣」の無いそれぞれが必要な役割としての存在。原理原則。
人格とはその中で互いに磨き上げて形成していくもの。
感性とはその人のみにある心の目。


 
   
 
有限会社ビードゥー
(C) Copyright 2005 Be Do, Inc. All rights reserved.