TOP
経営理念
  気付き
  在り方
自分らしさからの行動
個性学
社会貢献
会社案内
問い合わせ
   
   
人間には行動パターンがあるのをご存知ですか?
あなた自身も刺激-反応-行動のパターンがあるのをご存知ですか?そのパターンはほぼ自動的にこります。
反応のメカニズム
  体験という、刺激が起こります。
 同時に、反応します。反応とは、判断・解釈全て自分の中で起きていること
(自己内会話という形で起きてきます)
感情がわいてきます:怒り・悲しみ・喜び・わくわく
身体的動き:手に汗をかいたり、顔が赤くなり、熱くなり
涙が出たり、瞬きが多くなる
 
 
それらは、自動的に起こります。無意識に。
その事を、自動反応と言います。
私達、人間は「意識して行動」と言うより、無意識に「反応から行動する」します。
特に、日常生活で、子供が予期せぬことをする、無意識に怒鳴ったり、怒ったり。
なんで、あんなに怒ったのだろうと「また、やっちゃった」と後悔します。
好きな人がいると近づき、嫌いな人がいると離れる、特に意識していなくても、そう行動してしまう。
これが、無意識の「自動反応」
私たち生き物はこの「刺激−反応−行動」のパターンを持っています。
パブロフの実験で証明されています。
そのメカニズムを使ったのが、ソニーのロボット犬「アイボ」です。
この「反応」はどこから来るか。
一つは、生命として授けられてからの環境での、体験・経験から。
もう一つは、天分的に持って生まれた性格から来ます。
自分自身の反応に気づき、「反応(無意識)−行動」から「意図(意識)−行動」にシフトし、人間関係を円滑にし、結果に結びつける。
これらは、「気づくこと」から始まり、明確な意識を持った反復トレーニングにおいて身につきます。
そのためのトレーニングがいまスタートします。
 
   
 
有限会社ビードゥー
(C) Copyright 2005 Be Do, Inc. All rights reserved.